日本の教育全般、受験戦争は幼稚園から始まる。 私立大学は付属学校を通じて内部進学する制度があるためだ。 私立大学付属幼稚園に入れば特に違ったことがない限りほとんど100%付属小学校-中-高校と大学まで進学する。
慶応はもちろん、青山、成城の付属幼稚園受験戦争は女性の勢い、いわゆる母親たちで強引に通そうとする。 日本皇族らが通うことで有名な学習院付属幼稚園も同じだ。 ただ早稲田は中-高校から付属学校なのでこの時から受験戦争教育をする。早稲田幼稚園と小学校は私立でない区立学校だからだ。

幼稚園の時決定されるからいっそ続編すると考えることができるがそうでもない。
幼稚園受験は3歳児、もしくは2歳児が教育受験する。そのためまだ字も書けるかどうか、普通ならもちろん書くことはできない。鉛筆もしっかり持つことは難しい。よってペーパー試験がメインな事はないようだ。
その年齢に応じた知能を見るようだ。やはり受験するだけあるわけなので、特別な訓練をしている幼児も多いだろう。一般的な知能より上をいくケースが多いと想定される。
だからと言って毎日幼児の受験対策教室に通い、教育を無理やり訓練をするのはどうかと思う。
幼い時期に大切なもの、それを大事にして受験対策も行うのが望ましいだろう。
やはり普段の生活のなかで、大人(親が)お手本になること。数や色やパズル、言葉などで訓練する事も必要かもしれないが、普段の生活で子供の精神状態を安定させて、情緒が整った生活を心がける事が大切だ。
幼稚園の試験ということが子供たちに簡単な字を書いてみるよう指示したりする事もあるし、数字読んだり、合格、不合格の基準は不明だ。教育受験対策でも子供が健やかに育っている家庭が強いのではないか?


また、名門私立幼稚園に入る子供はほとんど金持ちの家の子供である。これらが4年制大学までそのまま内部進学した場合には彼らどうしのコミュニティが形成される。 そういった社会を持った者らどうしの垣根が作られて、これが一生を行く場合が多い。
このようにして富裕層の幼稚園受験が終われば徐々に小-中-高校などの順で入学の受験がますます難しくなる。 この受験は幼稚園と違い客観的な学力評価をする。日本の受験制度は私立と国公立の大きな二本の軸が存在する。
東京にも人気学区がある。教育全般、金持ちの町、成城や目黒。国立として教師の実力が高いことで噂になったお茶の水付属学校, 教育東京学大学付属学校などが集まっている目白がそうだ。

check

個人年金保険ランキング
http://roam2rome.com/kojinnenkin/
時計 修理
http://www.rakuten.ne.jp/gold/watch-m/
ダイビング 東京
http://www.eastdive.com/
猫雑貨 通販
http://www.rakuten.co.jp/osharenekomimi/
美容室 表参道
http://www.hairandrey.com/

最終更新日:2015/11/19