母親たちが有名幼稚園へ入学させたいということは有名小学校を入学させるための手段の一つである。そして中学、大学、エリート企業、医者、弁護士などと順調に子供の将来に向けて駒を進めたいのだ。そのため有名幼稚園はその第一歩。受験して必ず入学したいと思う訳だ。合格するために様々な努力が必要である。知力体力の育成はもちろん、子供や親の性質までもが問われる。むしろその部分が大きいのかもしれない。なぜなら、まだ子供のうちに学力を問うのは難しいからだ、その年齢相当の事しかできないだろうから。
さて、それ以外でのポイントをお話してみよう。合格している親たちはいったい何をしているのか?
有名幼稚園に入った子供の母親たちの服装は、まさにブランドづくめでお金がかかっている。その母親をみれば、子供が有名幼稚園教育に入ったと分かってしまうとかどうとか?まずは親たちの身なりから?ということだろう。
靴は'フェラガモ',ハンドバッグは'エルメス'…. 子供を送り迎えに行く時はベンツやBMWでなければならない。アクセサリまでも格別なものを身につけている。 もちろん、ブランド品を身につけた方が合格すると言っているのではない。きちんとした身なりが大切なのだ。普段はよれよれのジーパンが駄目な訳ではないが、時と場合によるし、身なりは人を表すともいう。学校側も自分たちのイメージやスタイルがある訳だから、それにそった親や生徒に入学してもらいたいだろう。
受験当日の子供服装は男児の場合半ズボンにチョッキ、女の子の場合は紺色ジャンパースカートが基本! 何年か前までは'familia'というブランドが主流をなしたが今は'広尾'や'代官山'などのショップでオーダーメードをするという。これも同じ、必ずそのお店の服でなければ合格できないという事ではないだろうが、一流の服を着せていれば、その親子の合格したいという姿勢が見えてくるかもしれない。大切なのは、どれだけ合格したいのか?いいかえればどれだけその学校に入りたいのか?その気持ちが伝われば良いのではないのか?

それにしても、普段の服装からお金がかかる。まさにこれだけの余裕がなければ子供の受験なんて考えるのは難しいのか?一般庶民が普段の生活を切りつめて、子供を有名私立幼稚園受験を検討しても、入ってから周りの親たちを付き合うのも大変そうだ。やはり分相応の家庭が幼稚園受験を考えるのだろう。

そしてお金だけではない、有名幼稚園や小学校を入るために最も重要なことはやはり人脈!日本の関東地域で有名な7個のゴルフクラブのメンバーになるためにはお金だけでなく血統やはり重要だという。最高の幼稚園に通う子供のお父さんはこのうちの少なくとも1カっ所のゴルフ クラブのメンバーだといううわさもある程だ。 代々名門な家庭に生まれれば、子供も名門として生きていく。逆にそれが補償されているようなものかもしれない。受験して落ちるなんて事ももしやないもかもしれない。もちろんその血統がなければ合格できないなんて事はないだろう。だがその方が有利ということは実際ありそうだ。
そしてもう一つの合格のポイント。入学願書に付ける写真はやはり教育非常に重要だということだ。 それで新宿伊勢丹デパートにある写真館へわざわざ出向いて行くという。

check

Last update:2015/11/10